シンパシーセッション
~笑顔で介護~120分 笑いあえる関係性になる

シンパシーセッション  ~笑顔で介護~

120分 笑いあえる関係性になる

販売価格 20,000円(税込)

介護関係は、世代のギャップや痴呆症がからんだりしてくると、コミュニケーションそのものが難しくなり、気持ちを伝えあい、受け止め合うことが難しいものです。このセッションでは、お互いの歴史を振り返り、今、何が起こっているか?をゲームを楽しみながら気づき、心を伝えあい、課題を解決すると同時に一緒に未来を描いてゆきます。
遊んでいる時と絶体絶命のピンチに人は成長する。
関係性を深め、育てるプロセスから学ぶ恩恵は大きいです。ピンチであればあるほど、そこからお互いが学び、成長するのびしろは無限にあります。
答えはお互いの中にあり、それはかけがえのない宝物です。一緒に見つけてみませんか?

このセッションの目的

  1. 心から想いを伝え合う場をつくる
  2. すれ違いを理解し合い、気持ちを確認しあう
  3. 幸せな未来を描いてスタートする

誰のどんなシーンで活用する?

  • お互いをより深く理解し、具体的に一緒に取り組めることを見つけたいとき
  • わかりあっていたと思っていたのに実は全くわかっていないということに気づき、この問題を解決したい、と思ったとき
  • 身近な人に相談するのは恥ずかしかったり、今後の影響があるので、完全非公開で、遊び心があり、なおかつ中立なファシリテーターによって2人の問題を解決したいとき
  • 楽しむ体験を共有しながらお互いの関係性を見つめ、深め、思い出を作りたいとき

 

期待できる効果

  • 介護の新しい視点が開ける
  • 相手へのポジティブな想いに気づける
  • 一緒に楽しむ体験、想い出をつくれる

お客様の声

M・Hさん

本音で質問に答える事が重要でとても楽しかったです。
パートナーとの出会いから今までを振り返って行く作業では自分の現在が色んなエピソードで到達したことがわかり、お互いの振り返りを同時にすることで、それぞれがどんなことを思っていたのかがわかる、間接的に伝えられる進行が面白かったです。負担なくできますが、意見をその場で言うため、勇気も多少いりましたが、これもまた、一緒に行う共同作業なので家族チームとして絆が深まりよかったです。

活用するゲーム

【 あうんじゃんけん 】
数あるゲームの中で、もっともベーシックで高い効果を得られるのが『 あうんじゃんけん 』という勝ち負けのないじゃんけんです。
 

基本の流れ

  1. お互いの紹介
  2. SESSIONガイダンス
  3. テーマ・課題を共有する
  4. ゲームと対話
  5. 未来へステップ

開発のSTORY

介護において、想いを伝え合えていないことがありませんか?それは、相手との関係を大切するあまり、マイナスとなる本音を伝えていなかったり、我慢するのが癖になってしまうからです。
このセッションでは、すべての行動はポジティブな意味を持っているという前提でお互いが自由に語り、遊びあいながら、お互いのすれ違い原因に自然と気づき、未来を描いてゆけるように構成しています。

親子や夫婦など、毎日顔を合わせているはずなのに、想いを伝え合えていないことがありませんか?
それは、相手との関係を大切するあまり、マイナスとなる本音を伝えていなかったり、我慢するのが癖になってしまうからです。
このセッションでは、すべての行動はポジティブな意味を持っているという前提でお互いが自由に語り、遊びあいながら、お互いのすれ違い原因に自然と気づき、未来を描いてゆけるように構成しています。

ファシリテーターよりメッセージ

このセッションを介護をしている相手と受けられるのは最高の幸せです。その人との思い出を振り返り、幸せな未来を描くことができます。
お互いの優しさと強さを確認できるかけがえのない時間になります。
どうぞお楽しみください。関係はきっと変わります!
 

セッションお申し込みと実施の流れ